写真 1_Fotor.jpg





簡易金継ぎ教室を行います。



簡易金継ぎ(真鍮と合成漆を使った修理)です。



*教室で行なう内容は、本来の日本の伝統的な金継ぎとは異なります。



写真で使用している修理は、簡易金継ぎになります。




本来の、純金と本漆の金継ぎとの違いの話や、本漆を使用した修復方法のお話や歴史等も詳しくお話しさせていただきます。





薬の成分等のお話しもさせて頂きます。





料金 2回コースで材料、道具代込みで 8500円で行います。(*道具、材料費3000円分込み)




習得した後は、お家ですぐに治せるように道具、材料をご用意致します。



*会場は 南船場店の4階の作業場で開催いたします。



■南船場 wad craft apartment
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4丁目9-2 さくらビル3F 作業場4F








6写真.JPG








授業は2日参加の2回コースで完結になります。



お好きな時間帯を 1部、2部の時間からお選び下さい。








2014年 5月22日(木)   



  1部      15時スタート(約2時間)




  2部      18時30分スタート(約2時間)




2014年 5月29日(木)  




  1部      15時スタート(約2時間)




  2部      18時30分スタート(約2時間)











2日共日程の合う方で、予定の合う時間をお選び下さい。(5月22日(木)を1部を選択の場合5月29日(木)も1部の時間になります。)






7写真.JPG




*持ち物は割れ、欠けした器、1つ〜5つ
一緒に最後まで治します。(割れと欠け両方揃うと楽しいと思います。)





参加希望者は1部、2部のどちらかの時間を選んで下記連絡先にご連絡下さい。


その他質問等もご連絡下さい。




*人数が集まり次第受付を終了させて頂きます。




wad


(tel) 06−7505−2095

(mail) wad.ceramic@hotmail.co.jp  


までよろしくお願い致します。


*メールの場合2日いないに必ず返事を送らせて頂きます。返信の無い場合はメールが届いてないため、お電話での申し込みをよろしくお願い致します。






写真 2_Fotor.jpg










*「どうせ割れるから」という考えで器を選ぶ方がいます。

割れても自分で治して、日本の作家の器を育てて使って頂きたいという想いがあります。

選ぶ時点から、自分が大切に気に入った器を使って頂けるように願っています。


















×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。